動画の方が一般消費者へ与えるインパクトが強い

ホームページにYoutube動画コンテンツを埋め込み、自社のサービスや製品を効果的にPRしましょう。製品の強みやサービスの独自性を、画像やテキストで紹介するのも良い戦略です。しかし、動画の方が一般消費者へ与えるインパクトが強いです。また斬新な機能を持つ新製品の場合、画像とテキストだけでは魅力や詳しい使い方が伝わりにくいかもしれません。まずは自社専用のYoutubeチャンネル作成を進め、動画をアップロードする準備を整えましょう。

商品紹介動画を制作し、自社のチャンネルにコンテンツをアップロードすればホームページに動画コンテンツを埋め込めます。テレビショッピングのような形で、スタッフの方や広告塔のタレントさんが、自社の製品を楽しく面白く紹介するムービーを製作すれば、その魅力が十分に画面の前のユーザーに伝わります。

サービス紹介動画を投稿するのも、良いマーケティング戦略です。期間限定のキャンペーンは、ホームページを通して大々的にPRした方が、不特定多数の一般消費者へもとへ伝わります。動画を視聴してくれた方々限定の割引やお得なオマケを配るなど、ネットとリアル店舗を連動させた工夫を凝らせば話題性があり、集客効果や宣伝効果が期待できます。