5G時代の動画WEBコンテンツ作成の重要性 

インターネットの利用が加速する5G時代は、動画WEBを重視したコンテンツ作成の重要性が高まります。

まず最初に起こる変化はYoutubeユーザの増加で、これまであまり動画を見ない人が流入したり、視聴時間が長くなる傾向です。
当然ながらコンテンツの供給側も力が入りますから、ライバルが増えて競争が激化するでしょう。

動画の質だけでなく内容も良く考え、そして早く定期的に供給する必要があります。一見すると5Gは戦国時代のようですが、逆にいえば従来の動画配信のネックを考えなくても良いことを意味します。

例えば通信量を考慮した画質の引き下げが不要で、むしろコンテンツの中身や見せ方を工夫することができます。

まず最初に起こる変化はYoutubeユーザの増加で、これまであまり動画を見ない人が流入したり、視聴時間が長くなる傾向です。
当然ながらコンテンツの供給側も力が入りますから、ライバルが増えて競争が激化するでしょう。

ストリーミング速度や通信量はそれほど気にしなくても良くなりますから、考え方そのものを変える必要が出てくるはずです。
会社紹介ページの動画活用を検討するなら、複数のカメラで異なる視点を切り替えるようにしたり、見せ方をガラリと変える仕掛けなどが検討できます。
このあたりの見せ方はセンスが問われるので、今までの在り来たりな発想では平凡な動画に留まるでしょう。

しかし、通信速度だけでなく低遅延性やIoTとの連携、それに双方向性に目を向ければ新しいアイディアが見えてくると思われます。
他のコンテンツに動画を溶け込ませる、そういうアイディアも誕生していますから、5GはWEBコンテンツ自体を一変させる可能性を秘めています。
会社紹介ページの動画活用に限らず、5G時代はコンテンツのリッチ化が当たり前で、チープなコンテンツは自然淘汰されるでしょう。
あえてチープさを用いた見せ方もできますが、これもセンスが問われることになります。

行動履歴を利用することができれば、ユーザーに合わせて動的に会社紹介を動画で見せることも可能です。
勿論コストは掛かりますが、WEB全体にインパクトを残せるとしたら、決して高い出費にはならないと考えられます。
既存の動画WEBコンテンツで問題なのは、表現が平面的で奥行きが感じられず、どの作品も似たようないようになることです。
人々の期待が高まる5G時代では、突き抜けたアイディアとコンテンツが求められますから、その期待に応える発想力が重要となるでしょう。
商品・サービスページの動画活用では、動画の強みを活かして商品やサービスの魅力を伝えることが必要です。
静的な画像は過去のもので、動的かつ常に何らかの動きや変化があるのが5Gの見せ方です。

また、ユーザーのアクションに反応したり、双方向でやり取りが行えるのも、通信の速度的な余裕やレスポンスが改善された5Gならではの表現となります。
具体的にどう見せるかは腕の見せどころですし、そこが他社との差別化に繋がっていきます。
膨大なデータを要するコンテンツであっても、リアルタイム性の高い5G環境であれば、問題なく動画の提供が行なえます。
そう考えると、ただ単に画質を追求する方向ではなく、内容を充実させる方向で拡充を図るのが正解です。
もし、動画のカメラ視点をユーザーが自由に変更できるとしたら、それはまさに次世代を感じさせる表現です。
スポーツコンテンツで動画の視点変更が当たり前になりつつあるように、会社紹介や商品、サービス紹介ページでも応用のヒントとなりそうです。
今後広告は動的なものが主流になり、やがてコンテンツに溶け込み一体化して違和感がなくなるでしょう。
更にユーザーに合わせた見せ方が普及して、コンテンツのユーザーに対する強い訴求力を発揮し始めます。
AIを使ったリアルタイムな合成もまた、動画コンテンツの可能性を広げる技術の1つなので、目を離すことができないです。”